イベント情報

展示会(注意:各展示会の会期最終日3時半で展示終了します。ご了承ください。)

展示資料館

展示温室

 屋外展示場
ボタニカルアート作品展
7月27日(土)~9月4日(水)
▼内容 ボタニカルアート教室の作品を展示します。
世界の食虫植物展
7月20日(土)~8月18日(日)
▼内容 ハエトリグサやウツボカズラなど、世界の食虫植物を展示し、自生地の風景を写真で紹介します。
アサガオの巨大カーテン
展示資料館前
7月中旬~9月上旬
▼内容 高さ10m、幅50mの建物を覆いつくすようアサガオを栽培し、巨大カーテンを作ります。
植物友の会作品展
9月7日(土)~9月15日(日)
▼内容 植物友の会会員による鉢花や植物写真、クラフトなどを展示します。
変化朝顔展
8月24日(土)~9月1日(日)
▼内容 珍しい変化咲のアサガオを展示します。
野生のきのこ展
展示資料館二階講堂
9月28日(土)~29日(日)
▼内容 広島県に発生する様々なキノコを展示します。
私の好きな花たちの写真展
9月19日(木)~10月14日(月・祝)
▼内容 身近な植物を題材とした花の写真を展示します。
薬用植物展
9月7日(土)~9月26日(木)
▼内容 トチュウ、キキョウなど薬用植物約100点を展示し、その効能を紹介します。
秋の山野草展
10月5日(土)~10月10日(木)
▼内容 秋咲の山野草を自然実あふれる鉢づくりで展示します。
  サボテン展
9月28日(土)~10月14日(月・祝)
▼内容 変化に富んだサボテンや多肉植物の魅力を紹介します。
 

イベント

2019年8月のイベント

うらら池自然散策
▼日時 8月3日(土) 午後1時半~3時
▼内容 うらら池周辺の山野草の観察を行います。

草笛体験会
▼日時 8月4日(日) 午後1時半~3時
▼内容 草笛の演奏の他、草笛の吹き方について広島県草笛愛好会会員が指導します。

ジュニアプロジェクト
▼日時 8月11日(日) 午前10時~11時、午後2時~3時
▼内容 ボランティアが指導する自然遊びを通して、生き物の知恵や自然界の不思議を体験します。

職員による植物うんちくガイド
▼日時 8月13日(火) 午前11時~正午
▼内容 「フクシアと食虫植物の話」をテーマに植物の観察を行います。植物公園職員が案内します。

オオオニバス試乗体験会(整理券方式)
▼日時 8月14日(水)、17日(土)、18日(日) 午前9時15分~午後0時15分、午後1時15分~3時15分
▼内容 直径1.2m以上になるオオオニバスの葉に乗る体験会を実施します。
      対象:体重30㎏までの子供
      各日とも午前9時から整理券配布、先着500人(計1,500人)

オオオニバス試乗体験会(申し込み制)
▼日時 8月20日(火) 午前10時~正午、午後1時~3時
▼内容 直径1.2m以上になるオオオニバスの葉に乗る体験会を実施します。
      対象:体重30㎏までの子供
▼申込 往復はがきに、住所、氏名、電話番号を記入し、8月5日(月)(必着)までに植物公園へ。
      抽選200人。

職員による植物うんちくガイド
▼日時 8月24日(土) 午前11時~正午
▼内容 「オオオニバスの不思議」をテーマに植物の観察を行います。植物公園職員が案内します。

夏の夜間開園
▼日時 8月24日(土)
     午後4時半~9時(入園は8時半まで)【開園時間の延長】
▼内容 サガリバナやオオオニバスなど、夜の幻想的な植物をご覧いただけます。
     植物のライトアップに加えて、光り輝く恐竜の世界などを開催します。

変化朝顔展解説
▼日時 8月25日(日) 午前10時~11時
▼内容 変化朝顔展の解説をします。

2019年9月のイベント

草笛体験会
▼日時 9月1日(日) 午後1時~3時
▼内容 草笛の演奏のほか、草笛の吹き方について広島県草笛愛好会会員が指導します。

夏の夜間開園
▼日時 9月7日(土)、8日(日)
     午後4時半~9時(入園は8時半まで)【開園時間の延長】
▼内容 サガリバナやオオオニバスなど、夜の幻想的な植物をご覧いただけます。
      植物のライトアップに加えて、光り輝く恐竜の世界など を開催します。

ジュニアプロジェクト
▼日時 9月8日(日) 午前11時~正午、午後1時半~2時半
▼内容 ボランティアが指導する自然遊びを通して、生き物の知恵や自然界の不思議を体験します。

平成31年度広島市植物公園市民講座I

▼日時 9月8日(日) 午後1時~2時半
▼演題 植物園の笑涯学習 「植物和名にみる笑薬学」
▼講師 神田博史 先生(広島国際大学生涯学習自然園 前園長)
▼内容 薬用植物や生薬の話をわかりやすく解説します。
▼講演要旨
「一笑一若」笑いは薬に勝るとも言われております。メグスリノキ、メギノキは目薬になるのでしょうか。ドクダミは毒を貯めてどーするの。それでも「十薬」とは?イタドリは「痛み取り」らしい。キハダ ( 黄柏 )、オウレン ( 黄連 ) の黄色の本体は何なの?血気盛んな武将は「黄連解毒湯(おうれんげどくとう)」という、まっ黄色な漢方薬を飲んでいたようです。植物の和名には、薬草と思わせる名前が多々見受けられます。今回は、しっかり笑って腹筋を鍛え、貯筋の足しにしましょう。園芸療法もいいが、演芸療法もいいらしい。

職員による植物うんちくガイド
▼日時 9月10日(火) 午前11時~正午
▼内容 「秋の大温室探検」をテーマに植物の観察を行います。植物公園職員が案内します。

花と光のページェント(夜間開園)
▼日時 9月14日(土)、15日(日)、21日(土)、22日(日)
     午後4時半~9時(入園は8時半まで)【開園時間の延長
▼内容 サガリバナやオオオニバスなど、夜の幻想的な植物をご覧いただけます。
      植物のライトアップ、野外コンサートなどもあります!
      JR五日市駅北口と植物公園を往復 する無料シャトルバスも運行します。

薬用植物展解説
▼日時 9月15日(日) 午後1時半~2時
▼内容 薬用植物展の解説をします。

植物写真撮影講習会
▼日時 9月22日(日) 午後1時~3時
▼内容 初心者向けに植物写真の撮り方を指導します。
▼持参物 カメラ(デジタルカメラも可)、三脚(持っている人のみ)

職員による植物うんちくガイド
▼日時 9月28日(土) 午前11時~正午
▼内容 「土づくりの世界」をテーマに植物の観察を行います。植物公園職員が案内します。

サボテン展解説
▼日時 9月29日(日) 午前11時午後3時
▼内容 広島カクタスクラブ会員によるサボテン展の解説を、来場された方を対象に順次行います。

きのこ観察会
▼日時 9月29日(日) 午後1時半~3時
▼内容 園内のキノコの観察を行います。

植物写真コンテスト
▼テーマ 植物公園内の植物や風景
▼規格 キャビネ版以上のカラー、白黒写真。デジタルカメラの写真は印画紙に焼き付け、またはプリンターで印刷      したものに限る。
▼申込 作品にチラシの応募票を張り付け、9月1日(日)~11月30日(土)(必着)までに、植物公園へ。
     応募は一人五点まで。

ガーデニングコンテスト
▼内容 「チャレンジ部門」と「コンテスト部門」を設け、コンテナガーデン(花の寄せ植え)と
      ハンギングバスケットを公募し、最優秀作品を表彰します。詳細は植物公園へお問い合わせください。
▼出品受付 往復はがきに、イベント名、住所、氏名、電話番号、部門、作品展数を記入し、9月1日(日)~10月9日
        (水)(必着)までに植物公園へ。
         「チャレンジ部門」、「コンテスト部門」(一人二点まで)

2019年10月のイベント 


秋の山野草実演会
▼日時 10月6日(日) 午後1時半~2時半
▼内容 秋の山野草の育て方について実演指導します。

草笛体験会
▼日時 10月6日(日) 午後1時~
▼内容 草笛の演奏の他、草笛の吹き方について広島県草笛愛好会会員が指導します。

先生と子供のための森の幼稚園
▼日時 10月6日(日) 午後1時半~3時(雨天決行)
▼内容 カエデの観察とどんぐり拾い、工作などを行います。
▼講師 広島修道大学 人文学部教育学科教授 松崎 雅広氏
▼参加費 一人当たり100円
▼申込 往復はがきに、催し物名、住所、氏名(参加者全員、保護者、子どもの区別が判るようにお書きください)
      子どもの年齢、電話番号を記入し、9月19日(木)(必着)までに植物公園へ。抽選20組。
▼対象 年中、年長の子供とその保護者、幼稚園の先生

職員による植物うんちくガイド
▼日時 10月8日(火) 午前11時~正午
▼内容 「秋の花と蝶の世界」をテーマに植物の観察を行います。植物公園職員が案内します。

ジュニアプロジェクト
▼日時 10月13日(日) 午前11時~正午、午後1時半~2時半
▼内容 ボランティアが指導する自然遊びを通して、生き物の知恵や自然界の不思議を体験します。

アサギマダラ観察会
▼日時 10月13日(日) 午後1時半~2時半
▼内容 渡りをする蝶、アサギマダラの園内観察会を行います。